七五三は参拝なしで写真だけでもOK!?七五三写真のポイントを丸ごとご紹介!

当サイトは七五三は参拝なしで写真だけでもOKなのかをはじめ、七五三写真のポイントを丸ごとご紹介しています。
これから子供の七五三を控えているのなら、ぜひ参考にしてみてください。
着物を着た七五三の写真は着物が映える撮影スポットで撮影するのがおすすめです。
背景と調和する素敵な写真がとれるはずです。
また七五三には前撮りによる写真撮影をするのもおすすめできます。
予定を詰め込みすぎず、スムーズに撮影ができます。

七五三は参拝なしで写真だけでもOK!?七五三写真のポイントを丸ごとご紹介!

3歳や5歳、7歳の子供の七五三にはお参りをした方が良いのか、それともお参りせずに七五三写真だけ撮っても良いのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
実際のところ、現代では七五三に必ずしもお参りに出かけるというわけではないようです。
またそれぞれ時期をずらして参拝と七五三写真の撮影をすることも少なくありません。
そのようなことから七五三はお参りせずに写真だけを撮っても、お参りだけをしても写真撮影だけをしたとしてもその人次第です。

七五三写真はいつ行うのが良い?時間帯とかある?

七五三写真はいつ撮るのか、11月のある程度決まったひに行われることが多いです。
お参りに関してはその日を目掛けていくのがベストではありますが、ロケーション撮影でお参りと併せてということでない限りは特に日取りはいつでも大丈夫です。
今は前撮りや後撮りをする方も多い傾向が見られますし、予約の関係で入れていくのもありです。
平日の方が安かったり、早くに申し込むと割引が適用されるスタジオが多いです。
それを考えて早めに申し込みをしていくというこtおをお勧めします。
人気があるスタジオは、予約がすぐに埋まってしまうこともあります。
それを考えた時に早めに行動をするメリットは大きいですし、時間帯で割引が適用となるケースもありますので要チェックです。
プランも豊富に用意されていますし、例えばデータをどれだけ作ってもらえるのか、アルバムをどうするのかといったことも考えつつ予約を入れていくと良いでしょう。
七五三写真はその点は後から考えることも出来ます。

七五三写真を撮影するなら大安や友引の午前中

幼いお子さんがいるご家庭なら、多くの方が七五三写真をフォトスタジオや写真館で撮影をなさることでしょう。
ここでは簡単に、初めて七五三写真を撮影なさる方に向けたワンポイントアドバイスをおこないます。
写真館などを利用する際は、大安や友引の午前中におこなうのが吉です。
これは日本で古くから伝わる慣習で、大安なら吉日と言われているからです。
我が子が初めて振袖や羽織袴を身に纏って、神聖な儀式を受けるのが七五三です。
良き人生を歩むようにと親御さんが願いを込める日になるため、なるべく縁起を担ぐようにしましょう。
友引とは良いことを親しい方にもおすそ分けをするという意味があります。
七五三写真で午前中に実施をするのも、神聖な空気に包まれている時間帯であることを意味するわけです。
七五三写真は前もってフォトスタジオなどで予約をしないといけません。
その時に、撮影日時と時間を指定できるので、あらかじめカレンダーなどで調べておくことです。

七五三写真を自ら撮影するときのポイントやコツ

3歳から7歳までの幼いお子さんがいるご家庭であれば、七五三の時期を迎えられていることでしょう。
幼いお子さんが生れて初めて着物を身に纏い、神社で御祈祷を受けるときです。
親御さんはその姿を一生の思い出で写真におさめたいと思うものです。
ここでは簡単に、自ら七五三写真を撮影するためのコツやポイントをご紹介していきます。
まず七五三写真では多くの方が和装のスタイルの子供をカメラにおさめることになります。
女の子なら色鮮やかな着物なので、この装いに見合った撮影場所をピックアップしないといけません。
社殿や鳥居、境内がおすすめです。
また注意をしないといけない点は、子供の目線でカメラを構えるということです。
大人が見下ろす形で写真を撮ると、臨場感が欠けてしまいます。
自ら腰をかがめて、お子さんと同じ高さでカメラを構えるのがポイントです。
ストロボは使用せず、自然な太陽光線を活用すると見栄えのする絵を手に入れることができます。

お宮参り先での七五三写真の撮影のポイント

幼いお子さんが誕生したご家庭では、必ずお宮参りとしての七五三という儀式を経験されることでしょう。
生まれて初めて羽織袴や振袖を身にまとった我が子を見ると、一生の思い出で七五三写真を手に入れたいと思うものです。
そこでここでは、七五三写真を撮影するポイントをご紹介します。
昨今ではスマートフォンに高性能なカメラが備わっているため、どなたでも挑戦することが可能です。
まずポイントとしておさえておきたい点は、愛らしい表情と神妙な面持ちの両方をカメラにおさめることです。
和装姿で無邪気に笑っている笑顔、神前で儀式を受けている最中の顔とでは雰囲気が一気に変わるので、そのショットを手にいれておきましょう。
七五三写真は家族一同で同じ絵に入るのも基本です。
そのため、全員が画面内にはいるように三脚を持参することも必要です。
お宮参りの際は神前内では撮影が禁止をされていることもあるので、この点を事前に確認をしないといけません。

七五三写真に関する情報サイト
七五三写真のまとめサイト

当サイトは七五三は参拝なしで写真だけでもOKなのかをはじめ、七五三写真のポイントを丸ごとご紹介しています。これから子供の七五三を控えているのなら、ぜひ参考にしてみてください。着物を着た七五三の写真は着物が映える撮影スポットで撮影するのがおすすめです。背景と調和する素敵な写真がとれるはずです。また七五三には前撮りによる写真撮影をするのもおすすめできます。予定を詰め込みすぎず、スムーズに撮影ができます。

Search